PSVR「Rez Infinite」 体験レビュー

PSVR(プレイステーションVR)体験レビュー「Rez Infinite」編。

「Rez Infinite」は国内メーカーからの作品発表が少ないPSVRにおいて、比較的早期から発売が予告されていた国産タイトル。

その原型となるタイトル「Rez」は2001年のPlayStation2で、ワイヤーフレームで描かれた空間を飛び回り、リズムを刻むようにウイルス(敵)を破壊していくシューティングゲーム。

当時の僕はそのクールな表現に喚起し、はまりまくっていた記憶があります。

30インチくらいのテレビでコントローラーを手にプレイしていたにも関わらず、あれだけゲームの世界や音楽とシンクロを缶実ことができたタイトルがPSVRでいかに蘇るのか?

これまで様々な妄想を巡らせていた「Rez Infinite」をついに体感する日がやってきました。

1、VRならではのウィルスに視線を向けるロックオン

最初にヘッドマウントをつけない状態で簡単な操作説明。

PlayStation4のコントローラーを使用し、Xボタンを押しながらウイルスにロックオン。

Xボタンを離すことでロックオンした敵にレーザーを発射。多くの敵を同時にロックオンして破壊した方が高得点に。

操作方法以外のルールは原型である「Rez」とまったく同じ。

唯一異なるのはウイルスのターゲティングがカーソルを十字キーで動かすのではなく、「ウイルスに視線を向ける」という方法であること

頭の動きに合わせて360度を表現できるPSVRにぴったりの操作方法になっています。

操作説明後はいよいよPSVRを装着。装着に際しては丸椅子に座り、横にはマンツーマンで係員がついています。

係員がPSVRを頭にかぶせてくれるので、まずはボタンを押しながら幅を合わせていきます。

幅があったら次はピント。どういう理屈なのかはわかりませんが、PSVRでは本体を上下にずらしてピンとが合う位置を見つけます。

幅とピントがあったらPSVRのベルトをロック、この時点で視界が完全にふさがれてしまいます。

次にヘッドフォンをかぶせられると音も聞こえず外界からは完全に遮断された感じに。PlayStationVR
最後に係員からコントローラーを手渡されるのですが、もちろん目でコントローラーを追うことはできないので、係員の人に手に乗せてもらうような形になります。

そしていよいよ人生初のPSVR体験が「Rez Infinite」で始まることに。

2、自分自身がワイヤーフレームの世界を飛んでいるような一体感

「Rez Infinite」はいわゆるTPSなので、画面上に常に自キャラは見えているのですが、PSVRをかぶっていると視線の動きと合わせて視界が変化するので自キャラの存在を忘れてしまいます。PlayStationVR RezInfinite

PSVRの作り出す視線に合わせた視界の変化は極めてスムーズで遅延を感じることはまったくなく、自分自身が本当にワイヤーフレームの空間を飛び回っているかのような一体感が強く感じられました。

僕自身は高所恐怖症なのですが、恐る恐る視線を下に向けて足元を見ると、実際に高いところから下をのぞいた時のようなぞわっとする感覚がまさに体感として感じられるほどです。

初めて体験するPSVRの世界を堪能する間もなくウイルスが襲来。視線(頭)を向けると違和感を感じることはまったくなく意図する敵がロックオンされていきます。

最初のウイルスが少ないときはややテンポがわるく感じられますが、ウイルスが増えるにつれてロックオンとウイルスの破壊音がまるでテクノミュージックのように鳴り響き、ゲームと音楽と自分の一体感が増していきます。



3、思わず体が動くステージボスとの戦闘

前半をしのぐと後半はボスステージ。

多くのブロックが組み合さってできたボスが変幻自在に形を変えて襲ってきます。

PSVRらしさを感じるのはバラけて台風のようななったボスに入り込んで攻撃するシーンと、人型に形を変えたボスと狭い通路で追いかけっこをするシーン。

いずれのシーンもぶつかりそうになった際に体をよけてしまうほど、従来型のゲームでは決して感じることのない視覚以外も含めたゲーム世界との一体感を強く感じることができます。

ボスを倒したところでゲームは終了。

プレイ時間は5分程度だったようですが、感覚的にはあっという間のできことでした。

終了後にPSVRを外すと、酔ってはいないのですがジェットコースターにのった後のようなふらつきと若干のだるさが感じられました。

慣れもあるのかと思いますが、長時間プレイするのはなかなかハードルが高いかもしれません。

念願のPSVR版「Rez Infinite」は、想像以上の一体感と操作性の良さが感じられた反面、VRソフトではない「Rez」が元ネタということもあり360度というVR空間を活かしきれていないように感じられたのは残念でした。

というのもせっかく360度の世界を作り上げているにも関わらず、敵との戦闘が激しくてゆったり視界の変化を楽しむ余裕がなかったり、敵が見ている方向以外に視線を向けさせるシグナルやきっかけがないので視線が固定化されてしまいやすいためかと思います。

もちろん現時点で楽しめるのはテスト版に過ぎないので、これから発売までの間に大幅にブラッシュアップされるものだと思います。

個人的にはPSVR購入時には確実に買いたいタイトルであることは変わりませんので、これからのさらな進化に期待したいところです。

Rez Infiniteの公式トレーラーはこちら

ソフト名:Rez Infinite
対応PF:PSVR(プレイステーションVR)
【PR】もうすぐ年末、締め切りが近い!ふるさと納税でマウスコンピューターのタブレットPCやWindows 10 Mobile対応スマートフォンをゲット!

【PSVR(専用・対応)ソフトはコチラ】

PlayStationVR WORLDS収録タイトルである「The London Heist」「Ocean Descent」の体験レビューは以下の記事をご覧ください。

【関連記事】
PlayStationVR WORLDS「The London Heist」 体験レビュー
PlayStationVR WORLDS 「Ocean Descent」 体験レビュー

【PSVRを楽しむうえで必須の周辺機器はコチラ】

【PSVR本体はコチラ】

人気記事

あつまれどうぶつの森セット 1

ニンテンドースイッチ本体とあつまれどうぶつの森DL版のセットモデル「ニンテンドースイッチ あつまれどうぶつの森セット」。本記事では品薄必至の「ニンテンドースイッチ あつまれどうぶつの森セット」の予約販売方法を随時更新でお届けします!

ニンテンドースイッチ販売 2

新型コロナウイルスの影響とあつまれどうぶつの森の人気により【品薄・完売 状態】が続くニンテンドースイッチ本体。当記事では、品薄が続く中でもニンテンドースイッチ本体を手に入れる方法、ニンテンドースイッチの入荷・販売情報を紹介しています!

プレイステ5 予約・販売 3

ついに正式発表されたPS5こと「プレステ 5(プレイステーション5)」、発売日は2020年年末商戦です。当記事ではPS5(プレステ5) の予約方法・販売店舗・発売日・価格・機能・専用ゲームソフト・ニュースなどを随時更新でまとめていきます!

ニンテンドースイッチ 4

当記事ではニンテンドースイッチ本体の【セール・割引情報】を発信中!価格比較サイトではわからない「期間限定ポイントアップ」や「クーポン」「得する購入方法」まで、あらゆる手段でニンテンドースイッチを少しでも安く購入しよう!

PSVR 5

当記事ではPS4(プレステ4)・PSVRの【セール・割引】情報を発信中!価格比較サイトだけでは分からない【ポイント還元率アップ】や【クーポン割引】【キャンペーン割引】等、様々な手段でPS4・PSVRを安く購入する方法をまとめています。

ふるさと納税 6

ルール見直しで絶滅したかと思われた【ふるさと納税で手に入る家電&電化製品】。どっこい4K液晶テレビもデジタル一眼、ノートパソコンもまだ生きてます!2020年のふるさと納税で手に入る家電&電化製品をランキング形式で紹介!

PCエンジンmini 7

当記事ではコナミから発売される「PCエンジン mini(ミニ)」 の発売日や収録ゲームソフト、予約・販売情報を随行更新でお届けしています。

oculus quest 8

Oculus Quest(オキュラスクエスト)買おうかどうしようか迷っている方必見!PSVR、Oculus Go他、多くのVRヘッドセットにお金と時間を投資してきた管理人がOculus Questのファーストインプレッションをお届けします。

ドコモ口座キャッシュゲットモール 9

楽天やYahooで、買い物するだけで現金がもらえる!? 当記事では”ドコモユーザーなら加入しないと損”と断言できるNTTドコモのサービス「ドコモ口座キャッシュゲットモール」を紹介。メリットや加入方法・利用方法に加えて、”買い物なしで現金をゲットする裏技”まで詳しく解説します。

-PSVR(プレイステーションVR), 体験レビュー

Copyright© ガジェットハンター|人気ガジェットの予約&セール情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.