PSVR&ニンテンドースイッチも! ガジェットハンター

PSVRやニンテンドースイッチの予約・入荷・販売情報他、ガジェットのレビュー等をお届け

PSVR「PlayStationVR WORLD Ocean Descent」 体験レビュー

更新日:

「Ocean Descent(旧タイトル The Deep)」は、シャークゲージにのって深海に潜っていく疑似体験ができるPSVR(プレイステーションVR)専用ソフトです。

別途ご紹介するPSVR(プレイステーションVR)専用ソフト「The London Heist」を手掛けたSCE London Studioが手掛けていて、PSVR本体と同時発売予定の「PlayStation VR WORLDS」というソフトの収録タイトルとして発売されます。

GAMEONで一足早く体験できましたので、Ocean Descentの体験レビューをお届けします。

【関連記事】
The London Heist収録!PSVR専用 PlayStationVR WORLD予約開始
PSVR「PlayStationVR WORLD The London Heist」 体験レビュー

1、PSVRが生み出す恐怖のシャークゲージ

本作のコンセプトは、ずばり”水中ジェットコースター”。

襲われないようにゲージに入ってサメを鑑賞するなんて悪趣味なことは現実世界では絶対にやりたくないけど、ちょっと覗いてみたいという人たちに向けたPSVR(プレイステーションVR)専用ソフトです。

プレイ中はコントローラーなどは一切使わずただ映像を見ているだけ(体験版は操作無しですが、商品版では操作可能なようです)なので、綺麗だけど飽きそうに思えるかもしれませんが体験すると飽きるなんて言葉とは無縁

多くの人が行き交う体験会場の中で、思わず声が出てしまうような恐怖を感じることができるPSVR(プレイステーションVR)らしさ満載のソフトでした。

PSVR(プレイステーションVR)をかぶりヘッドフォンを装着すると、外界から完全に遮断されPSVRが作り出す海の世界へ。

2、熱帯魚や亀が泳ぎ回る平和な海

眼前には明るい海と色とりどりの小さな魚たちの様子が映し出されています。

他のゲームであればヘッドフォンからBGMが流れているのですが、Ocean Descent(旧タイトル The Deep)の場合BGMは無く、水中の環境音のみ。

僕自身ダイビングが好きで何度か体験しているのですが、PSVR(プレイステーションVR)の装着感や閉塞感が、ダイビング時ゴーグルの装着感や海の中で感じる圧迫感に近いものがあり、実際に海の中に潜っているような気分が味わえます。

最初に映し出されるのは陽の光もたっぷり差し込んでいる明るい海の中の様子。

シャークゲージ内であることを除けば、私自身現実世界でも体験したことのある環境ですが、どこまで精密に再現されているのか思わず周囲を見まわしてしまいます。

熱帯魚たちが泳ぎ回り、サンゴや海藻が揺らぐ海の中はリアルとというよりも精密なアニメーションといった感じ。

しばらくするとカメが寄ってきたりしますが、観察しやすいように?目の前でしばらくとどまってくれるなど現実にはないであろう動きをします。

3、PSVRの作り出す世界が体感に与える影響

Ocean Descentではシャークゲージにのって徐々に深海に潜っていくのですが、シームレスに海を潜っていくのではなくしばらく潜ると途中に暗転があり、大きくシーンが切り替わります(体験版の場合)。

最初の亀や熱帯魚たちがいる海を終えると、つぎは岩場に。

サンゴや熱帯魚たちの姿もなく、色数も一気に絞り込まれるのでアニメーションっぽさは薄れ現実感が増してきます

体験してみてPSVR(プレイステーションVR)らしいと思うのが、このようなシーンの変化が体感にも変化をもたらすという点、先ほどの海のシーンでは感じることがなかったのですが一気に現実感を増すこのシーンでは、しばらくとどまっていると水の中にいるような寒さを感じてきます。

不思議な寒さとともに岩肌を眺めているとマンタの姿が。

一匹だけではなく複数のマンタ達がPSVR(プレイステーションVR)を生み出す海を優雅に泳いでいきます。

亀の時と異なりマンタの動きには不自然さはありません。

実際に海に潜ってマンタの生態を観察しているような気分が味わえます。

4、漆黒の海で足元から湧き上がるクラゲたち

再びの暗転のあとに訪れるのは光のほとんど届かない真黒な海、そしてその中を泳ぐのは蛍光色に発行するクラゲの大群です。

背景などもほとんど見えず、ところどころに光が点在するだけのシーンなので、海の中といよりもまるで宇宙にいるかのような感覚になります。

圧巻なのは足元を見た時で、暗闇から数え切れないほどのクラゲが沸き上がってくるような不思議な景色を眺めることができます。



5、PSVRが生み出す深海の孤独と恐怖

宇宙のようなシーンのあとは難破船か何かの大きな残骸が残る深海へ。

陽の光が差し込みはっきりと見える部分と、光がほとんどあたらず見えづらい部分が混在するシーンになります。

自身のヘッドライトを頼りに周囲の様子を眺めていると、何やら不穏な影が。

暗闇から徐々に姿を現すその陰の正体は、そう鮫です。

鮫はシャークゲージの中にある肉(=プレーヤー)に目をつけると、そのまま突進しゲージのパーツをかみちぎり逃走します。

こいつはまずいとばかりに上昇をはじめるシャークゲージ、ところがそんな危機的な状況に輪をかけるように巨大な落石が発生しはじめ、シャークゲージは上昇の停止を余儀なくされます。

落石がシャークゲージを揺らす不安定な状況下で、再び姿を現す鮫。

威嚇するようにゲージを周回したあと、再びゲージに突っ込むとライトもろともゲージの扉をひきはがし破壊してしまいます。

深海の中、鮫と落石に見舞われ、唯一身を守る手段だったシャークゲージも破壊されてしまうという絶対絶命の状況。

映画ではよくある状況ですが、PSVR(プレイステーションVR)を通じて展開されるシーンは、スクリーンの向こうの他人ごとではなく、今まさに自分の身に起こっていることと錯覚させる力があります。

いつ鮫が襲ってくるのかという恐怖はもちろん、扉が無い状況で落石や鮫にゲージを揺らされると振動で足を踏み外し、ゲージから落ちてしまうのでは、という恐怖を強く感じ足元を見ることができません。

このシーンではあまりの怖さに、PSVR(プレイステーションVR)を外してしまいたいという衝動に何度もかられました。

とはいえ製作側もPSVR(プレイステーションVR)の作り出す世界のリアル過ぎる恐怖を意識しているのか、恐怖をあおる演出はあえて抑えているように思いました(それでも十分すぎるほど怖いですが・・・)。

この危機的状況はあることを境に解消されエンディングとなるのですが、そのあることが何かについてはネタバレになってしまうのであえてここでは明かさずにいようと思います。

PlayStation VR WORLD収録作「Ocean Descent(旧タイトル The Deep)」の体験レビューいかがだったでしょうか?

GAME ONで体験できるDEMO版では一切の操作やインタラクティブ性はなく、3DCGによる360度ムービーにすぎませんでした。

そのためゲームという意味では成立していませんが、PSVR(プレイステーションVR)が生み出すバーチャルリアリティーは3DCGを画面の向こうにある世界から、今自分の目の前にある風景に変えてしまう圧倒的な体感力があります。

たとえるならホラー映画とお化け屋敷の違いで、PSVR(プレイステーションVR)は視覚による恐怖だけでなく、実際に足がすくんだり鳥肌がたったりといった五感で恐怖を感じる世界を生み出すのです。

思わずPSVR(プレイステーションVR)を外してしまいたくなるような深海での鮫との遭遇体験、ゲームは苦手という方にも「VRとは何か」を十分体感してもらえるソフトだと思います。

Ocean Descentを収録するPlayStation VR WORLDは、5本ものPSVR専用ソフトを収録したPSVRデビューユーザーに向けたソフト。

レビューでご紹介した「Ocean Descent」の他に
・ロンドンギャングの一味となってカーチェイスや銃撃戦を繰り広げる「The London Heist
・リュージュを駆けるストリートレーサーになってハイスピード世界を駆け抜ける「VR Luge」
・テニスやピンポン、エアーホッケーをモチーフにした近未来スポーツゲーム「Danger Ball」
・武装したマシンに乗り込み、ダンジョンを探索していく白熱のSFアクション「Scavengers Odyssey」
を収録。

それでいてお値段は4,327円(9/18時点amazon価格)とお手頃価格に設定されています。

PSVRとともにご家族に一枚いかがでしょうか?

PSVR(プレイステーションVR)専用ソフト「Ocean Descent(旧タイトル The Deep)」の動画はコチラ

ソフト名:Ocean Descent(旧タイトル The Deep)
プラットフォーム:PSVR(プレイステーションVR)

【PR】もうすぐ年末、締め切りが近い!ふるさと納税でマウスコンピューターのタブレットPCやWindows 10 Mobile対応スマートフォンをゲット!

【PSVR(専用・対応)ソフトはコチラ】

PlayStationVR WORLDS収録タイトルである「The London Heist」「Ocean Descent」の体験レビューは以下の記事をご覧ください。

【関連記事】
PlayStationVR WORLDS「The London Heist」 体験レビュー
PlayStationVR WORLDS 「Ocean Descent」 体験レビュー

【PSVRを楽しむうえで必須の周辺機器はコチラ】

【PSVR本体はコチラ】

人気記事

ヨドバシカメラスイッチ 1

いよいよ発売されたニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)。当記事ではニンテンドースイッチ予約可能店舗や、販売、入荷情報を随時更新でお知らせします!

PSVR完売 2

PSVR発売日以降、毎月の恒例行事となっている月イチのPSVR追加販売。3月の追加販売日は3月25日で確定しました。各店舗の入荷&販売情報を随時更新でお届けしています!

3

3月25日のPSVR追加販売で、PSVRを実質10%オフで購入できるかもしれないお得なキャンペーンが開催中!気になるキャンペーンの内容と注意事項とは!?

スイッチ用周辺機器 4

当記事ではニンテンドースイッチ本体と同時に購入されている周辺機器ランキングベスト10を発表します。液晶保護フィルムや収納ケース、コントローラー等々、買い漏らしているニンテンドースイッチ用の周辺機器を買う場合の参考におすすめのグッズを紹介します!

幸せ 5

~2017年3月31日まで、ノジマオンラインでニンテンドースイッチやPS4が実質20%オフで購入できる超オトクなキャンペーンが実施中。マジでもっと早く知りたかったです…orz

PSVR追加販売 6

これまでのPSVR追加販売・予約の実績を踏まえ、PSVR再入荷時におけるイチオシオンラインショップ、PSVR購入確率を上げるオンラインショップの攻略ルートを検証します!

psvrps4pro 7

結論から言えばPSVRユーザーにとってPS4 Proはマストバイアイテムです!何がそんなにマストバイなのか検証動画交えてご紹介

ふるさと納税 8

総務省の自粛要請で、姿を消したかのように見えたふるさと納税返礼品としての電化製品。貴重な電化製品ゲットの機会を失ったかに思えましたが、探し方を変えるとパソコンもデジカメももまだまだあります!2017年のふるさと納税で電化製品をゲットする方法を紹介します!

-PSVR(プレイステーションVR), 体験レビュー

Copyright© PSVR&ニンテンドースイッチも! ガジェットハンター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.