PSVR2(プレイステーションVR2)予約・抽選・販売情報まとめ

CES2022で正式発表され、徐々に全容が明らかになりつつあるPS5(プレイステーション5)用の次世代バーチャルリアリティシステム「PSVR2(プレイステーションVR2)」。

初代PSVRは発売から1年近く購入が困難でしたが、PSVR2では半導体不足も重なり、発売から1~2年程度の間は品薄による争奪戦は避けられないと思われます。

当記事では、朝4時から量販店に並び初代PSVRを発売日当日ゲットした管理人が、PSVR2の予約・抽選・販売店・発売日・価格情報などを随時更新でお届けします!

【この記事でわかること】
PSVR2 発売日・予約開始日
PSVR2 予約受付・販売店舗
PSVR2 価格
PSVR2とPSVRの違い
PSVR2 関連ニュース

【PSVR2の前にPS5が手に入っていない人は以下の記事】
PS5(プレステ 5) 予約・抽選・販売 情報 まとめ

【セール・キャンペーン情報】
期間限定!無料のPSガイドブックダウンロードでPS5・PS4ソフト、周辺機器500円割引
Amazonで、PlayStation ガイドブック 2022 Springをチェック
SIMフリーiPhoneやiPadもお得!最大50%割引クーポンも
ビックカメラ.com「数量限定 在庫処分セール」会場へ
iconポケモンスナップ58%割引他、スイッチ・PS4・PS5ゲームが超特価!
楽天ブックス「ゲーム・おもちゃ在庫一掃セール」

PSVR2の予約・抽選・販売に関する最新情報は、以下のTwitterアカウントでも通知しますので、是非フォローをお願いします!

PSVR2(プレイステーションVR2) 発売日・予約開始日

2022年1月6日の「CES2022」にて、正式名称が「PlayStationVR2」であることが発表されたPSVR2。

コントローラーが事前に公開(販売)された点や、開発中であることを事前に明らかにしておき後日正式名称を発表するといったリリースに向けたスケジュールは、これまでのところ初代PSVRと類似しています。

初代PSVRの発売までのスケジュールを振り返ってみると

2015年  9月15日 「SCEJA Press Conference2015」で、正式名称がPlayStationVRであることを発表

2016年  3月15日「GameDevelopersConference」で、PlayStationVRの発売日が2016年10月であることを発表

2016年10月13日 PlayStationVR発売

上記実績からPSVRではほぼ半年スパンで情報解禁や発売スケジュールが設定されていたことがわかります。

CES2022から半年後といえば、例年6月に開催される世界規模のゲーム見本市「E3」に注目が集まりますが、ここ数年ソニーはE3に参加しておらず、新型コロナの影響で2022年のE3は開催スケジュールが未定・・・

上記を踏まえるとPS5と同様に6-7月にソニーが独自イベント(多分映像)を行いPSVR2に関する続報を発表する可能性が高いと思われます。

参考までに2020年6月12日に開催されたソニーの独自映像イベント「THE FUTURE OF GAMING SHOW」の動画が以下のもの。

最後の5分でPS5の本体デザインや周辺機器が初めて発表されました。

上記ソニーの独自映像イベントでPSVR2の発売日が発表されるのか、はたまたPS5同様に9月にもう一度発売日発表のための独自イベントを行うのかは定かではありません。

ただし最大の商戦期である北米の年末商戦に発売を間に合わせるであろうことを想定すると、PSVR2の発売日はPSVRと同じ10月か、PS5と同じく11月のいずれかが濃厚であると考えられます。

PSVR2予約開始日

PSVRでは3月15日に発売日を発表して、10月13日発売、6月18日から予約受付を開始。

PSVR 予約開始日

PS5は9月17日に発売日を発表して、11月12日発売、9月18日から予約受付を開始しています。

最近では発売日告知-予約開始日-発売日のスパンは短くなる傾向にあり、PSVR2においても発売日発表から予約開始日までは極めて短いスパンになることが予想されます。

管理人のPSVR2予約開始日予想は、ズバリ2022年9月

PS5同様に2022年9月にPSVR2の独自発表イベントを実施し、翌日から予約を解禁するのではないでしょうか。

PSVR2予約開始日がわかるSIE公式ニュースレター

2022年2月5日に公開されたソニー・インタラクティブエンタテインメントによるPSVR2公式サイトでは、ページの最下部で「PlayStation VR2のニュースと最新情報」を公開するニュースレター(メールマガジン)の登録を受け付け中。

ゲームの告知や発売日、ヘッドセットの予約購入開始日など、PS VR2の最新ニュースを入手しよう

との記述があるため、登録しておけば最速でPSVR2の予約開始日を知ることができる可能性あり!

PSVR2を買い逃したくなという方は、忘れずに登録しておきましょう。

PlayStation VR2 | PS5で実現する次世代のVRゲームがここに | PlayStation  (日本)
PlayStation VR2 | PS5で実現する次世代のVRゲームがここに | PlayStation (日本)

PlayStation VR2およびPlayStation VR2 Senseコントローラー。PS5で実現する次世代のVRゲームがここに。PS VR2専用タイトル『Horizon Call of th ...

続きを見る

PSVR2(プレイステーションVR2) 予約受付・販売店舗

初代PSVRの販売において最も特徴的だったのは、予約受付・販売店舗が極めて限られていたこと。

発売当初国内でPSVRを販売していたのは、ヨドバシカメラやビックカメラなど大手家電量販店を中心とするわずか232店舗に限定されていました。

PSVR店頭販売

オンラインショップではさらに絞られ、

・ソニーストア

・Amazon

・楽天ブックス

・Joshin Web

・TSUTAYAオンラインショッピング

・ヨドバシドットコム

・ビックカメラ.com

のみ(店舗、オンラインショップともに後に店舗数は拡大)。

半導体不足によりPSVR以上に供給が不足すると考えられるPSVR2の販売においても、販売店舗は限定されることが予想されます。

その際にも上記で紹介した初代PSVR取扱店舗では優先的にPSVR2の販売が行われる可能性が高く、PSVR2の初期購入を狙うのであればマークすべき店舗といえるでしょう。

PSVR2(プレイステーションVR2) 価格

初代PSVRの発売当初の価格は「PlayStation VR」が44,980円(税別)、必須オプションとなるPlayStation Cameraとのセットモデルである「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」が49,980円でした。

以降段階的に値下げが行われ現在では「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」に専用ソフト「PlayStationVR WORLD」がセットになった「PlayStationVR "PlayStationVR WORLD"同梱版」が、メーカー希望小売価格34,980円(税別)で販売されています。

PSVR2に関して現時点で価格の発表は行われていませんが、ヘッドセットの動きを感知するトラッキング方式がインサイドアウト方式に変更なったことでカメラ(PlayStation Camera 5,980円税別)が不要になったことは値下げ要因と考えられます。

一方で全体的なスペックアップを考えると、初代PSVRより安くなる可能性は薄そう・・・むしろ世界的な物価高を考えれば、部材の調達コストアップに伴う高価格設定もあり得る状況です。

ただしPSVR2の発売元であるソニー・インタラクティブエンタテインメントは、399米ドル(日本円で約46,000円)をプレイステーションのマジックプライスとして重視しており、PSVR2の価格設定においても399米ドルは維持してくる可能性が高いと考えられます。

専用コントローラーである「PlayStation VR2 Senseコントローラー」の価格次第ということもありますが、過去実績等を踏まえた管理人の予想としては、

PSVR2(単体版)販売価格:44,980円(税別)

PSVR2(PlayStation VR2 Senseコントローラー同梱版)販売価格:54,980円(税別)

辺りかと思います。

PSVR2(プレイステーションVR2) とPSVRの違い

ソニー・インタラクティブエンタテインメントが「次世代のVRゲーム体験」と謳うPSVR2。

現行モデルであるPSVRとはどのような違いがあるのでしょうか?

現時点ではPSVR2のすべてのスペックが明らかにされているわけではありませんが、開示されている範囲でのPSVR2とPSVRの違いは以下のような点です。

PSVR2とPSVRのディスプレイの違い

初代PSVRでは解像度960×1080の有機ELディスプレイが使用されていましたが、PSVR2では2,000×2,040の4K有機ELディスプレイを採用し、解像度が4倍以上に進化

さらにHDR(ハイダイナミックレンジ)にも対応することで、より広い明るさの幅を表現できるようになっています。

視野角(ディスプレイがカバーする視覚)も100°から110°に拡大しているため、PSVRよりも没入感が増したVR体験をすることが可能になります。

PSVR2とPSVRのトラッキングの違い

PSVR2では視線を検知する「視線トラッキング」を搭載

PSVR2で新たに取り入れられたトラッキング技術が「視線トラッキング」。

使用者の視点を検出することで、視点の動きに合わせて照準を合わせたり、シーンや反応を切り替えることが可能になります。

加えて視点があっている部分を中心に高解像度化し、あっていない部分については低解像度で処理するフォビエートレンダリング技術を搭載することで、より高画質な映像体験を生み出します。

外付けカメラ不要のインサイド・アウト・トラッキング

PSVRでは本体の位置や傾き、コントローラーの位置を把握するため外付けカメラ「PlayStation Camera」が必須となっており、設置の面倒臭さの一因となっていました。

PSVR2ではインサイド・アウト・トラッキング方式というトラッキング方式に変更することで、ヘッドセットに内蔵されたカメラが位置や傾き、コントローラーの位置を把握するため、外付けカメラを別途購入し、接続する必要がなくなっています

PSVR2とPSVRの接続方法の違い

PSVRを楽しむうえで最大の難関一つだった接続の面倒臭さ。

PSVRには本体の他に「プロセッサーユニット」や複数のケーブルが同梱されており、それらを組み合わせてPS4と接続する必要がありました。

PSVR2では接続性が大きく改善されており、PS5本体前面の端子にPSVR2をケーブル一本で接続可能になるとのこと。

これでPSVR2を楽しむ機会が格段に増えることでしょう。

PSVR2とPSVRのコントローラーの違い

PSVRで使用されていたコントローラー「PlayStation Move」は、PSVRが発売される遥か昔の2010年に発売された体感ゲーム用コントローラー。

そもそもPSVR向けに開発されたものではなかったこともあり、お世辞にもVR用コントローラーとして使い勝手のいいものではありませんでした。

PSVR2で採用されている「PlayStation VR2 Senseコントローラー(以下、Senseコントローラー)」は、PSVR2用に開発されたコントローラーになっており「グリップボタン」を搭載してゲーム内のオブジェクトをつかむことができたり、ボタンを押さなくても触れるだけで指を認識できる「フィンガータッチ機能」を搭載。

加えてPS5用コントローラーにも搭載されている「ハプティックフィードバック」や「アダプティブトリガー」といったゲーム内の感覚をフィードバックする機能もあるため、VR空間を感じるために特化したコントローラーに仕上げられています。

PSVR2とPSVRのその他の違い

他にもPSVRには無く、PSVR2から追加された機能は盛沢山!

3D音響や振動のフィードバックなど、いずれもVR空間での体験をさらにリアルなものへと昇華させてくれることは間違いありません。

3Dオーディオによるリアルなサウンド

PSVR2の母艦となるPS5では、Tempest 3Dオーディオ技術が採用されておりゲーム内で発生する音の位置が制御可能。

PSVR2においてもその恩恵を受けることができるので、VR空間内で発生する音を360度どこにでも配置することができるようになります。

例えば耳元でささやくキャラクターの音や、背後から迫る敵キャラクターの足音などが臨場感たっぷりに再現されます。

振動するヘッドセット

PSVR2のヘッドセットには振動によるフィードバック機能が追加されていて、ゲーム内で受けた衝撃をヘッドセットを通じて直接感じることが可能になっています。

PSVR2関連ニュース

気になる重さは!?PSVR2本体デザインを公開

2022年2月22日「PlayStation.Blog」で、これまでベール包まれていたPSVR2の本体デザインが初公開されました!

PlayStation®VR2とPlayStation VR2 Sense™コントローラーのデザインを初公開 – PlayStation.Blog 日本語
PlayStation®VR2とPlayStation VR2 Sense™コントローラーのデザインを初公開 – PlayStation.Blog 日本語

PlayStation®VR2とPlayStation VR2 Sense™コントローラーのデザインを初公開!

続きを見る

PSVRよりスッキリし、PS5を彷彿させるデザインに仕上がったPSVR2のデザインは

リビングルームに溶け込むようなスタイリッシュなデザインであることに加えて、使っていることを意識せずにゲームの世界に没入できるヘッドセット(出典:PlayStation.Blog)

を目指してデザインされたとのこと。

ボタン配置などにおいてはPSVR利用者に違和感がないよう配置を同じくする一方で、さらに快適な使い心地を実現するために新たに「両目のレンズ間距離を調整できるダイヤル」が追加されています。

最も気になるPSVR2の本体重量ですが、”PSVRに比べて若干軽量化”されたとのこと。

PSVRの重量が610gですので、PSVR2の重さは500~600g程度と予想されます。

現状最も普及しているVRヘッドセット「meta quest2」が503gですので、それよりは重くなってしまいそうですね。

PSVR2公式サイト解禁!PSVR2の予約購入開始日がわかるEメール登録も

2022年2月5日ソニー・インタラクティブエンタテインメントは「PSVR2(PlayStationVR2)」の公式サイトを公開しました。

PlayStation VR2 | PS5で実現する次世代のVRゲームがここに | PlayStation  (日本)
PlayStation VR2 | PS5で実現する次世代のVRゲームがここに | PlayStation (日本)

PlayStation VR2およびPlayStation VR2 Senseコントローラー。PS5で実現する次世代のVRゲームがここに。PS VR2専用タイトル『Horizon Call of th ...

続きを見る

公開されたPSVR2公式サイトでは、新情報こそないもののPSVR2の主だった機能やPSVR2 Senseコントローラーについてわかりやすく紹介されており、PSVR2が実現してくれる”次世代のVRゲーム体験”への期待を高めるには十分な内容に。

PSVR2専用タイトル「Horizon Call of the Mountain」についても簡単に紹介されています。

公式サイトの目玉は「PSVR2の予約購入開始日がわかる」Eメール登録

実はPSVR2公式サイトの最大の目玉はサイトのほぼ最下部にある「PlayStation VR2のニュースと最新情報」。

登録することでPSVR2の最新情報がEメールで送られてくるのですが、送付内容は「ゲームの告知や発売日、ヘッドセットの予約購入開始日」など。

つまりはPSVR2の予約開始日を後日連絡してもらえるEメールなのです。

速攻で登録すべきEメールといえるでしょう!

PSVR2公式サイトへ

正式発表!PS5向け次世代バーチャルリアリティシステム「PSVR2」

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、2022年1月5日にPS5向けに開発中の次世代バーチャルリアリティシステムが「PSVR2(PlayStationVR2)」であることを正式発表。

併せて一部の機能や開発中の専用ソフトも公開しました。

PlayStation®VR2およびPlayStation VR2 Sense™コントローラー──PS5™で実現する次世代のVRゲーム – PlayStation.Blog 日本語
PlayStation®VR2およびPlayStation VR2 Sense™コントローラー──PS5™で実現する次世代のVRゲーム – PlayStation.Blog 日本語

PlayStation®VR2およびPlayStation VR2 Sense™コントローラーがPS5™で実現する次世代のVRゲーム。

続きを見る

現時点で公開されている「PSVR2」の特徴は、

・4K HDRディスプレイ

・視線トラッキング

・内蔵カメラによる視線トラッキング

・ヘッドセットからのフィードバック

・Tempest 3Dオーディオ技術

・ケーブル1本でPS5に接続可能

といった点。

母艦がPS5になったことでPSVRに比べてグラフィックが進化したことはもちろん、PSVRを遊ぶ上で障壁となっていた外付けカメラの設置や複数ケーブルによるPS4との接続などが解消されているのは嬉しい改善点。

「PSVR楽しいけど、準備するのが面倒くさい~」

という声が激減することでしょう。

さらにはヘッドセットに内蔵されたモータを使ってゲーム内の触感要素をフィードバックする「ヘッドセットフィードバック」や、プレイヤーの目の動きを感知する「視線トラッキング」などを新たに搭載しVRへの没入感を高まるとのこと。

VRフェチの管理人としてはPSVR2の発売日が楽しみすぎる今日この頃です(笑)

PSで最大級の人気を誇るあのゲームがPSVR2専用ゲームとして開発中

PSVR発売時にはやや小ぶりなものが多かった専用ゲームですが、PSVR2ではPSで最大級の人気を誇る「Horizon」シリーズで専用ゲームが開発中。

その名も「Horizon Call of the Mountain」です。

動画はゲーム開発ディレクターのコメントが中心になっていますが、後半部分では数十秒ながら開発中のゲーム映像も見ることが可能に。

一人称視点で見る「Horizon」の映像は新鮮で、動き回る機械生命体に踏みつぶされるかのような臨場感を垣間見ることができます。

人気記事

PS5(プレステ5) 1

抽選販売の倍率は100倍越え、先着販売は瞬殺となかなか買えないPS5(プレステ5)。当記事はPS5の入荷・抽選販売場情報に加え、過去実績などに基づきPS5の次回販売を予測中。予測を活用すればPS5が購入できる可能性がグッと増す・・・かも!?

2

ついに正式発表されたPSVR2(プレイステーションVR2)。当記事では、PSVR2の予約・抽選・発売日・価格・販売店情報などを随時更新でお届けします!

新型ニンテンドースイッチイメージ 3

当記事では10月8日に発売された「ニンテンドースイッチ(有機ELモデル)」の先着販売・抽選販売・予約情報を”随時更新”でまとめています!

Xbox 4

11月10日に発売されたマイクロソフトの次世代ゲーム機「Xbox Series」。当記事では「Xbox Series X」「Xbox Series S」の、予約販売・発売日当日販売情報を随時更新でまとめています。

ニンテンドースイッチ 5

当記事ではニンテンドースイッチ本体の【セール・割引情報】を発信中!価格比較サイトではわからない「期間限定ポイントアップ」や「クーポン」「得する購入方法」まで、あらゆる手段でニンテンドースイッチを少しでも安く購入しよう!

6

驚異の映像に加え、専用コントローラーがもたらす触感や3Dオーディオによる臨場感溢れるサウンドなど、”息をのむほどの没入感”が体験できるPS5(プレステ5)用ゲームソフト。そんなPS5用ゲームソフトからオススメ・注目のゲームをご紹介します。

ニンテンドースイッチ販売 7

新型コロナウイルスの影響とあつまれどうぶつの森の人気により【品薄・完売 状態】が続くニンテンドースイッチ本体。当記事では、品薄が続く中でもニンテンドースイッチ本体を手に入れる方法、ニンテンドースイッチの入荷・販売情報を紹介しています!

PSVR 8

当記事ではPS5(プレステ4)・PS4(プレステ4)・PSVRの【セール・割引】情報を発信中!価格比較サイトだけでは分からない【ポイント還元率アップ】や【クーポン割引】【キャンペーン割引】等、様々な手段で安く購入する方法をまとめています。

oculusquest2 9

10月13日に発売されるスタンドアロン型VRヘッドセット「Oculus Quest 2 (オキュラスクエスト2)」。当記事では日本で「オキュラスクエスト2」を予約・販売する方法を中心に、発売日や価格、気になるゲームなどの情報をまとめます!

ふるさと納税 10

ふるさと納税でパソコンやデジカメ、4Kテレビが手に入る!2022年のふるさと納税で手に入れることができるオススメの電化製品・家電製品をランキング形式で紹介、さらにふるさと納税で【Amazonギフト券】がもらえるお得過ぎる情報もお届けします。

ドコモ口座キャッシュゲットモール 11

楽天やYahooで、買い物するだけで現金がもらえる!? 当記事では”ドコモユーザーなら加入しないと損”と断言できるNTTドコモのサービス「ドコモ口座キャッシュゲットモール」を紹介。メリットや加入方法・利用方法に加えて、”買い物なしで現金をゲットする裏技”まで詳しく解説します。

-PS5(プレステ5), PSVR2(プレイステーションVR2)